toTOP

杏林大学医学部 第二内科学教室 循環器内科
menu

トップ > 学生・研修医の方へ

学生・研修医の方へ

学生・研修医の方へ

教授ご挨拶

2018年4月より教室主任を仰せつかりました。 日頃からご指導いただいております諸先輩方、忙しい臨床業務に加えて研究、教育を頑張ってくれている医局員の皆さんに心から感謝致します。
私は米国のHarvard大学病院、Miami大学にて8年にわたり循環器医として勤務しておりました。その際に経験した、日本に必要と感じていた米国の循環器診療・教育システムを積極的に取り入れています。
詳細はこちら

研修システム

専門研修
当院における医師の研修プログラムの流れについて説明します。まずは2年間の初期臨床研修にて各診療科をローテーションします。循環器内科は必修科目となる内科6科のなかの1科として、また選択科目のとしても選択可能です。
詳細はこちら

女性医局員から

医員 満田 寛子
杏林大学循環器内科は女性医師が多い医局で、 今は育児中の医師が4人、産休・育休中が2人、 院外に1人います。子育てをしながら、様々な分野で活躍されている頼もしい先輩先生方がいらっしゃるのはとても心強いです。
詳細はこちら

若手医局員から

レジデント 三浦 佑介
① 循環器内科に入局したきっかけ
もともと学生の頃から循環器という学問に対して漠然とではありますが興味を持っていました。しかし、いざ研修医になると、外科の面白さにも魅了され、どちらの科に入局するか非常に悩んだのを今でも覚えています。
詳細はこちら

お問い合わせ

見学ご希望の方、入局に関するご質問等は、以下のフォームからお問い合わせください。
詳細はこちら