toTOP

杏林大学医学部 第二内科学教室 循環器内科
menu

トップ > 学生・研修医の方へ > 研修システム

研修システム

研修システム

専門研修

当院における医師の研修プログラムの流れについて説明します。まずは2年間の初期臨床研修にて各診療科をローテーションします。循環器内科は必修科目となる内科6科のなかの1科として、また選択科目のとしても選択可能です。
http://www.kyorin-u.ac.jp/hospital/edcenter/index.php/in-training

初期研修終了後、3年をかけて専門研修プラグラムに入ります。新専門医制度の導入が決定し、杏林大学でも内科専門医を取得するための症例数を経験できるようなプログラムを作成しています。内科医に進路を決めた場合、内科専門研修プログラムに沿ってのプログラムになります。初期研修終了時点で各専門領域を決めて医局に入局することも可能ですが、内科を希望するが内科全体を学んでから専門領域を決めたいといった希望の人は医局に所属せずに3年間各内科を研修することも可能です(内科専門医育成総合コース)。前者の場合、循環器内科を専攻すると循環器内科専門医育成コースに該当します。卒後3、4年目の48週間は循環器内科で診療を行い、残りの期間に各内科、救急総合診療科をローテーションします。卒後5年目の1年間は連携病院に出向しての研修となります。研修終了後は内科専門医育成総合コースを選択した人も専門領域を決めて各医局に入局し、各々の診療科での専門医を目指します。

循環器内科専門医育成コースの概要

循環器内科は、急性冠症候群・急性心不全・大動脈解離・急性肺塞栓症・重症不整脈など緊急性の高い救急患者の適切な診断、治療を行い、重症救急患者の救急蘇生および呼吸循環管理を含めた全身管理を行うための基本的知識・手技を修得することを目標とします。これらの救急循環器医療とともに、動脈硬化性疾患・弁膜症・心筋症・肺高血圧・頻脈性/徐脈性不整脈、また心臓リハビリを含めた全ての循環器疾患の最新の診断法・治療法に精通した総合的循環器医を育成するための研修を目的としております。さらに、循環器疾患のみの診療ではなく、他臓器疾患を合併した循環器患者の診療や手術前後の管理も行える、すべての診療科にわたる広い知識を修得する研修を行うのも当院循環器科の特徴とも言えます。 また、内科専門医および循環器専門医を修得するために必要な疾患の診断と治療を経験すること、学会・研究会での発表を行うことも目標とした研修を行っています。


総合研修センター 専門研修プログラム
http://www.kyorin-u.ac.jp/hospital/edcenter/index.php/lt_training/lt_program

診療・教育体制

循環器内科ではさらに細分化された専門性の高いチームを形成し、診療・研究を行っています。虚血班、不整脈班、肺高血圧班、心エコー班、心臓リハビリ班の5班に分かれますが、特に病棟では虚血、不整脈、肺高血圧、CCUチームが入院診療にあたります。研修期間中は全ての班をローテーションし、循環器全般の知識、技術を取得することを目指します。各班ともほぼ連日のようにカテーテル手技を行っておりますので、病棟業務だけではなく、多くの手技を習得出来るのは循環器内科の特徴ともいえます。また、杏林大学病院の特徴とも言える症例数の豊富な3次救急医療センターには、多くの循環器救急疾患が連日連夜搬送されてきます。循環器救急の知識に実践、全身管理とCCUチームでの診療は全内科医にとっても非常に重要な経験となります。 1週間の、診療、カンファレンスのスケジュール表を下記に示します。

連携病院での研修

主な出向先 榊原記念病院 http://www.hp.heart.or.jp/
仙台厚生病院 http://www.sendai-kousei-hospital.jp/
済生会宇都宮病院 http://www.saimiya.com/
佼成病院 https://kosei-hp.or.jp/
稲城市立病院 http://www.hospital.inagi.tokyo.jp/
恵周会 白河病院 http://shirakawa-hp.jp/