toTOP

杏林大学医学部 循環器内科学教室
menu

トップ > 教室紹介 > 業績集

業績集 不整脈先進治療学研究講座

業績集 不整脈先進治療学研究講座

| 講 演 | 論文(英文)| 論文(和文) | 著 書 |

| 講 演 | 論文(英文)| 論文(和文) | 著 書 |


講 演

  1. Ueda A,Soejima K,Nakahara S,Fukuda R,Fukamizu S,Kawamura I,Miwa Y,Mohri T,Katsume Y,Momose Y,Tashiro M,Nonoguchi N,Hoshida K, Togashi I,Sato T,Maeda A,Hagiwara Y:Presence of conduction slowing area predicts the successful ventricular tachycardia ablation. HRS2020 Scientific meeting.Online.Apr 28th, 2020.
  2. Ueda A,Soejima K,Nakahara S,Fukuda R,Fukamizu S,Kawamura I,Miwa Y,Mohri T,Katsume Y,Momose Y,Tashiro M,Nonoguchi N,Hoshida K,Togashi I,Sato T,Maeda A,Hagiwara Y:Impact of annotation timing on the detection of conduction slowing area during sinus rhythm. HRS2020 Scientific meeting.Online.Apr 28th , 2020.
  3. Sato T,Soejima K,Kase Maeda A,Mohri T,Nagaoka M,Momose Y, Nonoguchi N,Hoshida K,Miwa Y,Ueda A,Togashi I:Distal His-bundle Pacing From Right Ventricular Side Of Atrioventricular Septum,From The Viewpoint Of Backup Right Ventricular Capture.Heart Rhythm Society Scientific Conference.Online.May 8th,2020.
  4. 佐藤俊明:生理的ペーシングの実際.日本不整脈心電学会ウェビナー.オンライン.2020年7月6日.
  5. Ueda A,Soejima K,Nakahara S,Fukuda R,Fukamizu S,Kawamura I,Miwa Y,Mohri T,Katsume Y,Momose Y,Tashiro M,Nonoguchi N,Hoshida K,Togashi I,Sato T,Maeda A,Hagiwara Y:Conduction Property during Sinus Rhythm as a “Functional Substrate”.第84回日本循環器学会学術集会.オンライン.2020年7月13日.
  6. 上田明子: COVID-19流行下における不整脈診療.循環器Webセミナー.オンライン.2020年8月5日.
  7. 上田明子: 冠動脈疾患合併心房細動症例のマネジメント.EPサマーフェス共催セミナー.オンライン.2020年8月21日.
  8. Ueda A: Reducing radiation exposure during Catheter Ablation. APHRS IEPC Course Adv.EP Module.オンライン.2020年10月10日.
  9. 佐藤俊明:心不全患者に対するHis束ペーシング・左脚ペーシングの可能性.第24回日本心不全学会学術集会.オンライン.2020年10月15日.
  10. 佐藤俊明:生理的ペーシング.第363回YCU不整脈研究会.オンライン.2020年10月30日.
  11. 上田明子: 心室間伝導障害を基質とした心サルコイドーシスVTの1例.A CATS3 Complex Ablation Therapeutics Symposium.オンライン.2020年11月8日.
  12. 上田明子: EPS・3D mappingのPitfall.Interventional EP Curriculum SVT module 2020.オンライン.2020年12月19日.
  13. 上田明子: 心房細動リズムコントロールと抗凝固療法マネジメント.バイエル薬品社外講師勉強会.オンライン.2020年12月23日.
  14. 冨樫郁子:①リードレスペースメーカとは・②今、コメディカルに求めたいこと.第10回多摩コメディカル研究会.オンライン.2021年2月5日.
  15. 冨樫郁子:左上代静脈遺残(PLSVC)より左室リード植込みをおこなったupgrade症例.第13回植込みデバイス関連冬季大会.オンライン.2021年2月5日.
  16. 冨樫郁子:良好な固定と閾値を得るために.第13回植込みデバイス関連冬季大会.オンライン.2021年2月6日.
  17. 上田明子: 瘢痕関連心室頻拍アブレーションの “いろは”.日本不整脈心電学会 第1回関東甲信越支部地方会教育講演.オンライン.2021年1月30日.
  18. 佐藤俊明:Debate II: His束・左脚領域ペーシング: CRTの適応. 第13回植込みデバイス関連冬季大会.オンライン.2021年2月6日.
  19. 佐藤俊明:右室経由遠位ヒス束ペーシングの有用性と安全性. 第13回植込みデバイス関連冬季大会.オンライン.2021年2月6日.
  20. 上田明子:こんな所見に出会ったら,健診心電図からみる循環器疾患.循環器Webセミナー.オンライン.2021年3月23日.
  21. Togashi I:Fluoroscopic Markers For Acceptable Capture Threshold Of A Leadless Transcatheter Pacing System.第66回日本不整脈心電学会学術総会.オンライン.2021年3月26日.
  22. Ueda A:Lesion formation and steam-pops prevention with ICE guidance Abbott Education Network.オンライン.2021年3月27日.
  23. Sato T: Prospective Evaluation of Feasibility and Safety of Physiological Pacing in Patients with the conduction system disease.第85回日本循環器学会学術集会.横浜.2021年3月27日.
  24. Sato T:Present and future of physiological pacing: Clinical efficacy and limitation of permanent His-bundle pacing.第85回日本循環器学会学術集会.横浜.2021年3月27日.
>

論文(英文)

  1. Watanabe E,Yamazaki F,Goto T, Asai T,Yamamoto T,Hirooka K,Sato T, Kasai A,Ueda M,Yamakawa T,Ueda Y,Yamamoto K,Tokunaga T,Sugai Y, Tanaka K,Hiramatsu S,Arakawa T,Schrader J,Varma N,Ando K:Remote Management of Pacemaker Patients With Biennial In-Clinic Evaluation: Continuous Home Monitoring in the Japanese At-Home Study: A Randomized Clinical Trial. Circ Arrhythm Electrophysiol. 2020.13(5):e007734.
  2. Nagashima K,Kaneko Y,Maruyama M,Nogami A,Kowase S,Mori H, Sumitomo N,Fukamizu S,Hojo R,Kitamura T,Soejima K,Ueda A,Otsuka T,Takami M,Tanimoto K,Asakawa T,Kumagai K,Tamura S,Hasegawa H,Ogura K,Kawamura M,Munetsugu Y,Shoda M,Higuchi S,Kanazawa H,Kusa S,Mizukami A,Miyazaki S,Wakamatsu Y,Okumura Y:Novel Diagnostic Observations of Nodoventricular/Nodofascicular Pathway-Related Orthodromic Reciprocating Tachycardia Differentiating From Atrioventricular Nodal Re-Entrant Tachycardia.JACC Clin Electrophysiol.2020. 6(14).1790-1807.

論文(和文)

  1. 佐藤俊明:多様化する不整脈診療 ─ ここが知りたい ─ ヒス-プルキンエ刺激伝導系ペーシングの歴史,適応,展望.臨床医のための循環器診療.33号.25‐27.2020.

著 書

  1. 冨樫郁子, 前田明子, 副島京子(分担執筆):不整脈治療の最新デバイステクノロジーとリードマネジメントV.遠隔モニタリング スマホアプリ.循環器ジャーナル.庄田守男監修.医学書院. 2020. 558-565.
  2. 池田隆徳,石綿清雄,小船井光太郎,加藤守,近藤浩史,坂本肇,鈴木滋,副島京子,谷澤貞子,近森大志郎,橋本順,本江純子,松原孝祐,松本一真,松本直也,阿部光一郎,天野英夫,飯森隆志,上田明子,河合秀樹,小菅寿徳,鈴木康之,武田和也,仲間達也,日置紘文,山下高史:循環器診療における放射線被ばくに関するガイドライン.2021年改訂版.2021年.